お局のショールーム日記@雪国科学

yukigunika.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 02日

11月3日

明日、文化の日(祭日)もショールームは営業しています。

お天気がいいみたいですが、ショールームは薪ストーブを焚いて、床暖房をつけて暖かくして皆様をお迎えいたします。

是非、お越し下さい。
[PR]

# by yukigunikagaku | 2005-11-02 18:53
2005年 11月 01日

紅葉


a0045293_14382451.jpg
雪国科学の前の通り、通称「梅の里通り」は紅葉真っ盛り!

赤・オレンジ・黄色をと木によって色は様々。

今日は天気がいいので紅葉も青空にさえてとてもキレイです。

この梅の里通りは、通りがずーっとケヤキ並木なんです。
ケヤキのトンネルまでは行きませんが、道の両脇から成長したケヤキの木が道路を覆うようにして並んでいます。

雪国科学のショールームに遊びに来たついでに、ケヤキ並木の紅葉も楽しんでください。

あっ、会社の近くには美味しいケーキ屋さんがありますよ。

それと、ショールームには美味しいお蕎麦屋さん、美味しいコーヒー屋さん、紅葉を楽しむにはもってこいの山小屋情報などご用意しています。
詳しくはスタッフに聞いてくださいね。
[PR]

# by yukigunikagaku | 2005-11-01 14:37
2005年 10月 28日

くらし展

a0045293_2016631.jpg

明日は、新潟市産業振興センター「あんしん あんぜん くらし展」です。

薪ストーブ・床暖房・融雪システムを展示します。
興味のある方、是非お越し下さい。

ちなみにショールームも通常通り営業しています。
薪ストーブの暖かさを体感したい、という方は、ショールームにどうぞ。


夕方まで会場で準備をしていました。
男性スタッフが頑張ってくれたおかげで私の出番は少なかったです。
みなさん、お疲れ様でした。

画像の雪だるまは、明日雪国科学のブースで皆様をお迎えします。
[PR]

# by yukigunikagaku | 2005-10-28 20:15
2005年 10月 25日

焚きつけ

薪ストーブに火を入れる際に必要なのが「焚きつけ」

これをケチってはいけません。
冬の寒い時に火を入れようとした私は、焚き付けをちょっとだけにして火をつけようとしました。
…煙が逆流しました。2階まで煙が上がってしまい、「失敗しただろう?」と。
薪ストーブをはじめて使う時に経験した人も多いはず。

焚きつけは、大きな薪に火をつける役割をしますが、もう一つ大切な役割が。
それが、煙突の温度を上げること。

真冬の煙突は、冷え切っていて上昇気流があがりにくく、煙の引きも悪いです。
焚き付けをふんわりたっぷりとストーブの中に入れて勢いよく火をつけて、煙突の温度を早くあげて煙の引きを良くすると、火がつくのが早いです。

是非、試してみてください。

なので、皆様に火をつける過程をお見せする私たちにとっても焚きつけはとっても大切。
焚き付けをケチって失敗…なんてお客様の前では出来ません。
焚きつけはたっぷりが原則です。

ちなみに事務所で使う焚きつけの元は、「木枠」。針葉樹が主ですけれども、割りやすく火付きもいいので重宝しています。

画像の焚きつけは私が作りました。
手斧があれば女性でも作れます。でも、右の背中が痛くなりました。運動不足でしょうか。
a0045293_1723055.jpg

[PR]

# by yukigunikagaku | 2005-10-25 17:01
2005年 10月 24日

寒くなってきました。

朝晩が冷え込んできて、週末は暖房を使い始めたご家庭も多いのでは?

やはり寒くなるとみなさん動き出します。
週末のショールームは大盛況!本日もたくさんのお客様がお見えになりました。

スタッフも薪ストーブに火が入ると、ついついお世話したくなります。
薪を追加してみたり、熾きをいじってみたり。

薪ストーブオーナーさんにとっては、楽しい季節の到来です。
今年の冬も楽しんでくださいね。
[PR]

# by yukigunikagaku | 2005-10-24 17:57